メインナビに移動 コンテンツに移動 サブナビへ移動

線路・鉄道交通

鉄道網の利用率が高まり、最新の列車が高速化していることで、鉄道車両やレールへの負荷が高くなっています。旅客・貨物輸送の安全性を高め、事前にメンテナンス間隔を計画するためには、定期的に検査を実施しなければなりません。マイクロエプシロンは、そういった検査に役立つ高精度センサを幅広い種類で提供しています。統合性が非常に高いことに加えて、高精度で堅牢なデザインが特長のセンサなので、例えばレールやホイールセット、架線などの計測に使用されています。またマイクロエプシロンは、機関車や鉄道車両に直接組み込める、傾斜・振動監視用センサもご提供しています。

トンネル・橋梁への距離計測

橋やトンネルの構造的形状を点検するため、メンテナンス用の列車が定期的に走行して検査を行っており、このメンテナンス列車にはoptoNCDT ILRシリーズのタイムオブフライト(TOF)センサが搭載されています。センサは走行中の列車から構造物までの垂直方向の距離を検出し、距離データから縦方向のプロファイルを取得します。限界値を超えると、適切なポイントでメンテナンスが開始されます。マイクロエプシロンのレーザー距離センサは、弱い表面反射があっても安定した測定信号を提供します。 …

より詳しく
Distance measurement tunnels and bridges

磁気浮上式鉄道の距離制御

従来の鉄道とは対照的に、磁気浮上式列車の駆動部は車両内ではなく線路に設置されています。トランスラピッドは、従来の鉄道における車輪とレールに代わり、非接触型の電磁式での搬送・誘導・駆動システムを採用しています。車両とレールの距離を一定に保つにはエアギャップ制御が必要なりますが、その非接触距離測定に使用されているマイクロエプシロンの渦電流センサが、レールまでの距離を高い動性と精度で検出します。堅固なセンサは汚れや湿気、温度変化にも強く、測定データは距離制御に使用されます。 …

より詳しく
Abstandsregelung bei Magnetschwebebahnen

固着したブレーキの自動点検

貨車や鉄道車両のブレーキシステムの点検には、赤外線パイロメーターや熱画像カメラが設置されたテストスタンドが使用されています。温度測定器は通過する列車を検知し、横方向でブレーキシステムを測定します。固着したブレーキは摩擦により高温になるので、それを赤外線温度センサで検出します。非接触で温度を測定することで、ブレーキが詰まっている車両やワゴンを自動的に特定し、メンテナンスの対象とすることができます。 …

より詳しく
Überprüfung festsitzender Bremsen von Wagons und Triebwagen

ディーゼル機関車の燃焼室制御

より詳しく
Inspection and combustion chamber control of diesel locomotives

架空線の直径検査

鉄道の高速路線では特に、架線の予防的な点検を行うことで路線の通行性を確保することが重要です。信頼性の高い摩耗試験が保証できるように、マイクロエプシロンのoptoCONTROLレーザーマイクロメータが使用されています。このマイクロメータはメンテナンス用の機関車に設置されており、走行中はフレームを介して架線に導かれるので、そこでレーザーマイクロメータを使い直径を測定します。摩耗の判断は、測定した直径と規定値のずれをもとに行います。 …

より詳しく
Diameter inspection of overhead lines

鉄道レールの平面性検査

optoCONTROLレーザーマイクロメータは、鉄道レールの平坦性やたわみを選択的に点検するために使用されています。これらは試験用の台車に組み込まれており、軌道面の状態に関わらず、3点で高精度に測定します。マイクロメータ間の距離は測定タスクの要求に応じて変えることが可能です。optoCONTROl 2520レーザーマイクロメータは様々な深さに対応しており、ご要望に応じて測定範囲が46 mmと94 mmのモデルをそれぞれご用意しています。 …

より詳しく
Planarity inspection of rails

リフティングプラットフォームのリフト高さの検出

メンテナンスやサービス作業時には、列車全体を持ち上げる必要があり、それには同期式の重量物リフティングシステムが使用されます。各コラムの持ち上げ高さを同期させるために、optoNCDT…

より詳しく
Lifting height detection in lifting platforms

ハイドロダイナミック・カップリングの位置制御

より詳しく
Position control hydrodynamic coupling

アクスルベアリングのベアリングギャップ測定

より詳しく
Inspection of oil gap in axle bearings in high-speed trains

旅客列車の傾斜角の測定

EDSシリーズのインダクティブ変位センサは高速列車に組み込んで使用し、コーナリング時に必要な車体の傾きを測定します。このデータは後続のワゴンのコントロールユニットに伝えられ、それに応じて車両を傾けて横方向の加速度を補正します。カーブを曲がる時は、油圧シリンダーを使って車両をカーブの内側に傾けます。傾斜の制御はinduSENSORシリーズEDSが担うので、横方向の加速力が乗員に与える影響を軽減することができます。 …

より詳しく
Measurement of inclination angle in passenger trains

ドライブシャフト、ブレーキディスク、ホイールタイヤの光学測定

ホイールタイヤのトレッド面は非常に大きな負荷にさらされています。全体の状態を把握し、欠陥を検出し、適時に修理対策を講じるには、ホイールディスクを定期的に検査しなければなりません。この検査を正確に実施するため、マイクロエプシロンの光学センサを搭載した測定装置でまずホイールセットを点検し、回転ホイールセットの軸方向と半径方向の振れをレーザー距離センサで測定します。さらにレーザープロファイルスキャナが、選択された測定点で完全なプロファイルの検出を行います。 …

より詳しく
Optical measurement of drive shaft, brake disc and wheel tires

ホイールタイヤ鍛造時のプロファイル測定と距離制御

より詳しく
Profile measurement and distance control during forging of wheel tires

路面電車のレールのプロファイル測定

路面電車の稼働率が上がると、レールの摩耗が進みます。レールの摩耗を記録するために、scanCONTROLレーザースキャナを搭載した測定車両でプロファイルデータの取得、自動評価、分析を行います。マイクロエプシロンのレーザープロファイルスキャナは非接触でレールの断面を記録するため、目視検査に比べて再現性が高く、時間も短縮できます。摩耗点とマップネットワークをリンクさせることで、ターゲットを欠陥箇所に絞って修理を行うことができます。 …

より詳しく
Profile measurement for mounted tram rails

ホイールセットの扁平率検査

車軸測定機は、ホイール、ベアリング、ギアなどの扁平率や直径を点検するために使用します。この測定機には4つのoptoCONTROLレーザーマイクロメータが搭載されており、回転する車軸上で測定を行います。測定精度が極めて高いため扁平率や直径を極めて正確に検出でき、測定距離が可変なので、このマイクロメータは大きな物体の直径にも使用することができます。

より詳しく
Testing ovality of wheelsets

研削・切削時でのレールプロファイルの検査

より詳しく
Testing rail profile during grinding and milling

テストベンチでのホイールタイヤのプロファイル測定

より詳しく
Measuring the profile of wheel tires in the test bench

Rail measurement in high speed grinding

The Vossloh company is a global leader in the field of rail technology. One of its business units focuses on maintaining the value of the infrastructure, which also includes the maintenance of rails. For this purpose, Vossloh uses, among other…

より詳しく
Rail measurement in high speed grinding

レールセクション溶接時のレールのアライメント

より詳しく
Rails alignment for welding of rail sections

列車の振動測定

ホイールセットや台車での摩耗や損傷は、乗客が感じ取れるほどの振動を引き起こすことがあります。マイクロエプシロンの加速度センサはそういった振動の検出に使用され、inertialSENSORシリーズのセンサは鉄道車両、機関車、貨車の様々なポイントで振動を検出するので、極めて精度の高い測定値をもとに振動の補正を行うことができます。

より詳しく
Vibration measurement in trains

旋盤のモニタリング

ホイールタイヤの回転時に、レーザー三角測量センサが回転するホイールタイヤまでの距離を監視することで、アブレーションの様子を高精度で捉えることができます。センサが非常に高精度なので、ホイールタイヤの寸法精度を高速かつマイクロメートル単位で検出します。ホイールタイヤの位置監視にはレーザー距離センサが使用され、離れた位置からホイールタイヤを測定し、自動クランピング時に取り付けが正しいかどうかを点検します。 …

より詳しく
Monitoring lathe

コンクリート接合部や鉄道用マクラギの変形測定

レールやマクラギにかかる負荷は非常に大きく、特に通過頻度の高いカーブではその傾向が顕著です。カーブにおけるコンクリート製マクラギの動きや変形の点検には磁気誘導式変位センサが使用され、センサを基礎に固定することで、コンクリートの継ぎ目やマクラギに取り付けられた磁石を測定します。堅固な設計なので屋外での測定作業に適しており、長期的に安定した測定結果を提供するので、変形についての確かな情報を得ることができます。 …

より詳しく
Verformungsmessung Betonfugen und Bahnschwellen

高速鉄道路線の摩耗測定

高速鉄道路の摩耗を検出するには、特殊な測定車両による線路の検査が必要です。測定車両にはoptoNCDT1900シリーズのレーザー変位センサが2つ搭載されており、このセンサが線路までの距離を高い測定レートで測定します。レーザースポットが小さい標準モデルでは、欠損や欠陥箇所を高解像度で捉えられるので、摩耗や欠損、ゆがみを検出することができます。レーザーラインの細いoptoNCDT…

より詳しく
Wear measurement high speed railway lines

レールヘッドの摩耗測定

より詳しく
Wear measurement rail head

導体レールの摩耗とゲージの測定

より詳しく
Conductor rail wear and gauge measurement