メインナビに移動 コンテンツに移動 サブナビへ移動

アクスルベアリングのベアリングギャップ測定

高速列車ではアクスルベアリングのオイルギャップが常にチェックされます。ベアリングギャップに油膜があることで、ベアリングの表面とシャフトが直接接触するのを防げるので、その結果として軸受の摺動特性が向上して効率が上がり、寿命を延ばすことができます。このベアリングのギャップ監視には、マイクロエプシロンのeddyNCDT渦電流変位センサが役立っています。このセンサは制御システムに組み込んで使い、運転中に測定値の取得を行うことができます。堅固な設計なので、最大2バールの油圧や高温環境下での使用が可能です。