メインナビに移動 コンテンツに移動 サブナビへ移動

計測技術と検査技術

計測・検査機器にとって最も重要な要素となるのは、採用される計測技術です。そのため分解能や直線性といった計測技術に関するパラメータは、正確なデータ把握を実現するのに決定的な役割を果たします。マイクロエプシロンは、計測・検査機器に向けた最高精度の測定技術を多数ご提供しています。

屋根瓦の表面評価と 3D 検査

屋根瓦の生産では、均一な高品質を保証するために高度な計測技術と検査技術が要求されます。半自動式測定・点検システムDASTOKONやパイロットプラントBSPKでは、3D検査と表面評価にoptoNCDTシリーズのレーザー三角測量センサが使われています。
より詳しく
Surface evaluation and 3D inspection of roof tiles

座標測定装置

座標測定装置は色々なコンポーネントの計測に使用され、様々なスキャナや測定装置がコンポーネントの表面を3Dで捉えます。これにはレーザーラインスキャナが理想的であり、三角測量の原理に基づいて非接触によりマイクロメーターまで正確にコンポーネントの実表面を測定します。
より詳しく
Surface detection of various components in 3D

座標測定機の光学測定プローブ

共焦点クロマティックセンサは開口角(開口数)が大きいため、高い分解能と小さい集光点が実現されています。さらに、センサを大きな角度で傾斜させることができるため、座標測定機のでジオメトリチェックや粗さ測定にも使用することができます。
より詳しく
Rauheitsmessung und Geometrieprüfung Koordinatenmessmaschinen

バンドナイフの切れ味検査

発泡スチロールのカッティングマシンにはバンドナイフが使用されますが、このバンドナイフは使用しているうちに刃が摩耗していきます。切断作業の効率性を高く保つには、マシンを停止させずにナイフの切れ味検査を実施しなければなりません。scanCONTROL…

より詳しく
Testing knife sharpness of band knives