メインナビに移動 コンテンツに移動 サブナビへ移動

機械製造

機械・プラント製造業界にとっての長年のパートナーとして、マイクロエプシロンは幅広い種類のセンサと測定システムをご提供しています。小型化され機械に統合された形で、変位センサが機械の動きや位置、移動経路を測定し、機械の安全な運転を保証しています。センサは自動機械やプロセスの一部として機械に組み込まれ、完成した製品の様々な測定対象をモニタリングします。

とりわけ油や汚れ、圧力、振動、高温といった苛酷な環境が生じる場所において、マイクロエプシロンのセンサはその高い精度と卓越した性能により大きな信頼を得ています。

非接触によるアルミニウムストリップの厚さ測定

アルミニウムストリップの厚さ異常を早期に検知するため、レーザー三角測量センサが同位体測定システムに代わる新しい代替ソリューションとして使用されています。搬送されるアルミニウムストリップの上下で、向かい合うようにしてセンサを設置します。
より詳しく
non-contact aluminum strip thickness measurement

抄紙機のカレンダーでのウェブエッジ(紙匹端部)検知

カレンダーは紙の製造時に使用され、最終製品での表面の滑らかさを高めます。ロール状態の紙を正しくガイドするには、正確なエッジ測定が欠かせません。これには、ロールのエッジ位置を高い精度で機械の制御に直接伝達するマイクロエプシロン製レーザーラインセンサが使用されています。このエッジ位置を測定することで同時にロールの幅も測定でき、センサがその測定情報を次のトリミングプロセスに送信します。 …

より詳しく
web-edge-detection-calender-paper-machine.jpg

医療技術での異物検知

医療技術の用途では、MDSはブリスターマシンでの錠剤包装時に異物検知を行います。コンベヤを移動するブリスターパックの上に位置するロールの動きで、ブリスターと密閉台紙の間に存在する異物を検知します。
より詳しく
Foreign body detection medical technology

アルミニウムインゴットの液面レベル測定

アルミニウム鋳造プラントでは、アルミニウム溶湯を型に流し込むことでいわゆるインゴットと呼ばれる小さなバーを製造します。インゴットの重量が常に同じになるように、型に流し込む溶湯の液面レベルは必ず一定でなければなりません。溶湯の量を測定するためのプラントでは液面レベルを非接触式で測定し、例えばオーストリアのプラント製造業社 Hertwich Engineering GmbH では、このタスクにレーザースキャナを使用しています。
より詳しく
Level measurement aluminum pig irons

毛糸の太さ

繊維工業分野において、毛糸の太さが常に一定であることは製品の高い品質を保証するために欠かせない要素であるため、毛糸であればどうしても発生する太さの変動を排除しなければなりません。ストレッチツールで毛糸を一定の太さに伸ばし、渦電流センサが間接的に毛糸の太さを検出して、測定データをストレッチツールの制御に送ります。
より詳しく
Yarn thickness measurement

フライススピンドルの軸方向への膨張補正

フライススピンドルは回転数が高く熱も発生するため、工具を定義された位置に保ち続けられるようにスピンドルの縦方向への熱膨張を補正しなければなりません。この熱と遠心力によるスピンドルの膨張を、マイクロエプシロンが開発したSGSセンサが検知します。
より詳しく
compensating-axial-extension-milling-spindles.jpg

ジャイレートリークラッシャーの正確な粉砕ギャップ調整

採石場や鉱石鉱山で使用されるジャイレートリークラッシャーは、1時間で最大3500トンの材料を目的の粒度に粉砕することができます。これは偏心したベアリングブッシュが破砕軸を旋回・揺動させることで行いますが、それによりクラッシャーのジョーとクラッシュコーンの間のギャップが常に変化します。調整されたギャップは、粉砕室の内周に沿って連続的に移動して粉砕を行い、油圧シリンダーに搭載されたロングトラベルセンサにより、軸の昇降で破砕ギャップを正確に調整することができます。 …

より詳しく
Mahlspalteinstellung bei Kreiselbrechern

スピンドルの縦方向への熱膨張測定

変位測定システムSGS 4701(Spindle Growth System)は、高周波スピンドルでの使用に特化して開発されました。精密工作機械は回転数が高く熱も発生するため、工具を定義された位置に保ち続けられるようにスピンドルの縦方向への熱膨張を補正しなければなりません。
より詳しく
Measurement of thermal linear extension in spindles

マガジン内の工具ホルダー測定

工具ホルダーの位置点検にはoptoNCDT 1420シリーズのレーザーセンサが使用され、このセンサが金属製ホルダーとの距離を上方と側面から測定します。このインテリジェントレーザーセンサには高い測定レートが備わっており、金属製表面の反射が強くても傑出した高精度で測定値を得ることができます。
より詳しく
Measuring tool holders in the magazine

ゼロ点クランプシステム内の位置測定

最先端の工作機械では、ゼロ点クランプシステムがワークピース、型締めステーションあるいはワークピースキャリアの再現可能な位置決めを担っています。マイクロエプシロン社の電磁誘導式変位センサは、ワークピースキャリアが固定される型締めシリンダーの位置を測定します。…

より詳しく
Positionsmessung Nullpunktspannungssystem

カッターディスクのラジアルランナウト測定

品質基準を遵守するため、optoNCDT 2300シリーズの非接触式レーザー三角測量センサが製造プロセス中にカッターディスクのラジアルランナウトを測定し、監視します。
より詳しく
Measurement radial runout cutter disc

心押し台の位置測定

心押し台は、長いワークをセンターポイントで支えるためのものです。この旋盤センターの位置を把握するのにマイクロエプシロンの小型ワイヤセンサが使用されます。旋盤センターの延長部に接続された測定ワイヤが、心押し台の変位を測定します。
より詳しく
Position measurement tailstock of lathes and milling machines

プロファイル測定を用いた溶接シームの最適化

デンマークのInrotech A/S社は、完全自動化されたプロセスにおいて最適な溶接シームを達成するのに、マイクロエプシロンのセンサに大きな信頼を寄せています。Inrotech A/S社は、あらかじめ溶接プロセスを算出してから自動的に溶接を実施する溶接ロボット、通称 Inrotech-Crawler…

より詳しく
Optimizing weld seams with profile measurements

スピンドルの振れ測定

高周波スピンドルでは、正確な振れや工具の軸振れが重要な役割を果たします。そのため、マイクロエプシロン社の非接触式誘導変位センサは、振れまたは軸振れの監視に使用されます。渦電流技術に基づいたこのセンサは、設置スペース内にオイル、温度変動、汚れがあっても高い分解能を提供します。これによって、マイクロメートル範囲の測定精度に達することができます。また高い周波数特性により、回転数が120,000 rpmを超える高周波スピンドルも監視することができます。測定ではNCDT…

より詳しく
Measuring the spindle runout

裁断機での原反のエッジ検知

原反の位置が検知されなかったり、間違った位置が検知されると、裁断に間違いが生じてしまい原反の廃棄につながったり、制御信号が発生しないため機械の故障を引き起こす場合があります。そのような事態を回避できるように、確実な位置検知が可能なマイクロエプシロンoptoCONTROL CLS­K ­31シリーズの光ファイバーセンサが使用されています。
より詳しく
Stoffbahnkantenerkennung Schneidemaschine

静圧軸受内でのオイルギャップのモニタリング

油圧装置内に不具合があると油圧が低下することがあり、最悪の場合はオイルギャップが無くなることで軸受が損傷するため、ギャップサイズのモニタリングは極めて重要です。こういった目的を実現するため、eddyNCDT 3001シリーズの非接触式渦電流変位センサが使用されています。
より詳しく
Monitoring oil gap of hydrostatic bearings

エンボス深度のモニタリング

車体フレームへの車体番号の刻印にはエンボスマシンが使用されますが、エンボス深度の偏差は必ず定義された許容範囲内になければなりません。エンボスツールのポジショニングを行う際、マイクロエプシロンのレーザー三角測量センサがエンボスツールと対象物間の距離を捉えます。
より詳しく
Monitoring embossment depth car body IDs

クランピング位置のモニタリング

高性能な工作機械では、クランピング位置のモニタリングを行うために、スイッチ信号を発するスイッチリングやイニシエーターを使用することがよくありますが、どちらも調節やセットアップに大変手間がかかります。この手間を大幅に軽減できるのが、マイクロエプシロンによる LVPシリーズのアナログセンサです。
より詳しく
Monitoring clamping position in high-performance machine tools

食品産業でのバルブリフト測定

飲料パックへの充填時に重要となるのは、常にパックへの注入量をぴったり同じに保つことです。このようなケースではセンサが充填ラインのバルブリフトを検知し、35 mmの測定範囲で複数のスイッチングポイントが測定されます。シリーズ MDS-45-Mxxの厚いステンレス製ハウジングは、食品産業界での使用に理想的です。
より詳しく
Ventilhubmessung Lebensmittelindustrie

圧延装置での平面度測定

圧延製品における表面の質の高さへの要求は、日々高まるばかりです。顧客に高品質な外観を提供するには表面に一切の欠陥があってはなりません。そのため圧延装置では、圧延を行った製品に対していわゆる平面性を検知する測定システムが使用されます。
より詳しく
Flatness measurement in the rolling mill

ベアリングのコンディションモニタリング

ベアリングに予定外の休止期間が生じると、非常に高いコストがかかります。ベアリングの損傷を早期に検知できれば、予定されていた休止期間中にメンテナンス作業を行うことができるので、費用も最小限に抑えられます。この早期検知を確実に行うため、優れたSN比によりベアリングの損傷を検出するマイクロエプシロンの加速度センサが使用されています。この加速度センサは静的加速と動的加速の両方を測定するので、回転数の低い(≤ 0.2…

より詳しく
Zustandsüberwachung von Lagern