メインナビに移動 コンテンツに移動 サブナビへ移動

ディーゼル機関車の燃焼室制御

ディーゼル機関車の検査では、燃焼室の定期的な点検と記録が必要です。バルブシートの不良や走行面の不良など、品質検査の不備や抜けがあると、エンジンの重大な故障の原因になりかねず、ひいては機関車の故障にもつながります。この検査は、直接電源が接続できない狭い場所で実施されることが多いため、Eltrotec社のビデオ内視鏡が使われています。このビデオ内視鏡は軽量で機動性があり、主電源から独立して動作することができます。堅牢なプローブには様々な長さやデザインがあり、狭い場所でも検査できるようになっており、画像や動画はSDメモリーカードに保存されます。

Industrielle Endoskope