メインナビに移動 コンテンツに移動 サブナビへ移動

研削・切削時でのレールプロファイルの検査

レール削正車は線路の補修作業に使用されます。フライスヘッドの前後でレールのプロファイルを取得するために、scanCONTROLレーザープロファイルセンサが砥石のすぐ前後に取り付けられているので、目標状態と実際の状態が自動的に検出され、データがレール削正車の中央制御ユニットに転送されます。scanCONTROLのレーザースキャナにはコントローラが内蔵されており、プロファイルの評価はセンサ内で直接行われます。解像度とプロファイル周波数が高いため、スキャナは車両の走行中でも使用することができます。