メインナビに移動 コンテンツに移動 サブナビへ移動

導体レールの摩耗とゲージの測定

導体レールの検査には、scanCONTROLレーザープロファイルスキャナが6つ搭載された測定車両が使われています。このスキャナは導体レールのプロファイルを下、上、横から検出し、スキャナの測定領域が広く、1回の測定で多くのパラメータを記録できるため、例えば導体レールの幅と両側のガイドレールの高さを同時に測定し、センサ内で直接評価することができます。このスキャナは変化する環境下でも確実に動作し、汚れや光などによる表面の変化に影響されず正確な測定結果をもたらします。複数の測定範囲が使用できるので、測定車両の様々な構成に合わせることが可能です。