メインナビに移動 コンテンツに移動 サブナビへ移動

ホイールタイヤ鍛造時のプロファイル測定と距離制御

鍛造中のホイールタイヤの寸法精度を監視するため、マイクロエプシロンのブルーレーザースキャナが使用されています。従来のレーザースキャナでは、赤熱した鋼鉄では放射強度が高すぎてセンサ素子の限界に達していましたが、マイクロエプシロンのブルーレーザー技術は、赤熱した鋼鉄での測定作業向けに特許を取得しているので、鍛造中のホイールタイヤのプロファイルを連続的に監視し、その測定データを制御システムに送り込むことができます。赤熱したブランク材の位置を監視にはレーザータイムオブフライト(TOF)センサが使用され、安全な距離から位置を測定することで、グリッパーの安全な取り扱いを可能にしています。