誘導式変位センサおよびゲージ用の高性能コントローラ

2020-08-03

誘導式多チャンネルコントローラ MSC7602およびMSC7802にはそれぞれ2つのチャンネルが内蔵されており、様々な用途にお使いいただけます。これらのコントローラは、LVDT / LDRシリーズの変位センサおよびゲージの幅広いポートフォリオと組み合わせて、特に機械建造およびオートメーション化での位置決めタスクや、品質管理分野の形状・ジオメトリ検査、また試験システムでの材料検査またはクランプストローク測定に使用することができます。コントローラは工業用途のために設計されており、制御キャビネット内への取付け用のプラスチックハウジングあるいは過酷な環境条件に対応した堅固なアルミニウム製ハウジングでご提供しており、電流出力および電圧出力ならびにRS485インターフェースも搭載されています。誘導式測定システムは、高い信号安定性と温度安定性および信頼性を特徴としています。量産用途では、いつでもお客様のご要望に合わせた仕様変更が可能です。

省スペースソリューション

MSC7602は、DINレールハウジングを介して制御キャビネットに省スペースで組み込むことができます。さらに、最大32個のモジュール(64チャンネル)を統合することも可能です。

工業用途に対応した堅牢性

MSC7401と同様に、MSC7802は保護等級 IP67の堅固なアルミニウム製ダイキャストハウジングに格納されているため、工業環境における外的影響に対してしっかり保護されています。

容易なセンサパラメータ化

センサパラメータ化のために、オプションでコントローラをIF7001コンバータを介してPCに接続し、sensorTOOLソフトウェアを使ってスムーズに設定することができます。設定はキーおよびLEDディスプレイでも行うことができます。

利点

  • 幅広いコントローラおよびセンサポートフォリオによる多様な用途と柔軟性
  • 高い分解能と直線性
  • 小規模から大規模の注文に対応した優れた対費用効果、量産用途に理想的
  • キーとLEDおよびsensorToolによる設定
  • 工業環境に適応した堅固なモデル
  • 設置状況に応じた様々な取付け方法

Micro-Epsilon Japan K.K.
#1003 Facade Building, 1-23-43, Esaka-cho,
Suita-shi, Osaka 564-0063, Japan
Yukihiro.Makinae@micro-epsilon.jp
+81 (0)6 6170 5257
+81 (0)6 6170 5258