高性能レーザスキャナ

2020-08-03

scanCONTROL 30xxシリーズのレーザプロファイルスキャナの最新世代は、極めて高性能かつ精確で、ご要件に合わせてカスタマイズすることができます。これらのレーザスキャナは非常に高精度で、1プロファイル当たり最大2048カ所の測定点で毎秒約550万点の校正済みプロファイルデータを提供します。また25 mmおよび50 mmの測定範囲を利用でき、オートメーション化、製造・プロセスモニタリング、品質管理における高精度な2D/3Dプロファイル測定のために使用されます。この画期的な製品プログラムは、お客様ごとの測定タスクに合わせて簡単にカスタマイズするための様々な性能クラスと運転モードで定評があります。

赤色レーザと青色レーザ

測定が困難な表面用に、赤色レーザに加えて青色レーザ技術も選択いただけます。マイクロエプシロン社は、700℃超の赤熱測定対象物および(半)透明の測定対象物を青色レーザで測定するための特許を有しています。透明な測定対象物とは、プラスチック、ガラス、接着剤、シリコン、塗料、コーティング、プレキシガラス、シーラント等です。青色レーザスキャナは、多くの測定タスクにおいて、赤色レーザダイオードを備えたセンサと比較して決定的な利点を有しています。青色レーザラインは有機材料や赤熱材料あるいは半透明の測定対象物上でシャープに結像されるため、安定した精確な結果が得られます。

ハイダイナミックレンジモード

scanCONTROL 30xxは、不均一で暗い表面も極めて正確に測定します。これによって、改良された自動露光と組み合わせた革新的なハイダイナミックレンジモードが実現されます。様々な露光が同時に実行されるため、動いている測定対象物も確実に検知されます。

プリプログラミングされたGateway IIをすぐに入手可能

scanCONTROL Gateway IIを使って、測定値を様々なインターフェース経由で転送することができます。性能クラス SMARTのセンサと併用して、測定結果をEthernet、PROFINET、EtherNet/IPあるいはEtherCAT経由で出力することができます。今後はプリプログラミングされたサービスをご提供できるため、セットアップが容易になります。お客様には必要な設定と固有のIPアドレスを含めたゲートウェイが割り当てられるため、すぐお使いいただけます。さらに、設定のバックアップも提供します。

センサの選択をサポートするスキャナコンフィギュレータ

レーザプロファイルスキャナ用のオンラインコンフィギュレータが最適化されました。要件に応じて、必要な測定範囲、プロファイル周波数、レーザ色、ご希望のデータ処理をご指定いただけます。適切なセンサが直接表示されます。コンフィギュレータへ

Micro-Epsilon Japan K.K.
#1003 Facade Building, 1-23-43, Esaka-cho,
Suita-shi, Osaka 564-0063, Japan
Yukihiro.Makinae@micro-epsilon.jp
+81 (0)6 6170 5257
+81 (0)6 6170 5258