精確な距離・厚さ測定のための新しい共焦点式センサ

2020-08-03

色共焦点式センサは、特に困難な測定タスクを解決します。マイクロエプシロン社のconfocalDTセンサシリーズは最新テクノロジーで動作し、距離と厚みを最高精度で測定します。2種類の新しい画期的なセンサは幅広い製品ポートフォリオを今すぐ拡張し、新たな用途に使用できる可能性を切り開きます。

曲面の測定

confocalDT IFS2407-3シリーズのセンサは、測定対象物の± 30°の傾斜に対応できる0.43の開口数 (NA) を特徴としています。そのため、これらのセンサは曲面の測定に特に適しています。さらに、3 mmの広い測定範囲と28 mmの長いオフセット距離も提供しています。これらのセンサは極めて優れた技術仕様により、座標測定機のジオメトリ検査に適しており、ギアや雄ねじなどの測定対象物で高精度かつ安定した測定結果をもたらします。

OEM領域での狭い設置スペース

confocalDT IFS2404/90-2は変位、距離、位置および厚みを2 mmの測定範囲と0.040 µmの分解能で検知します。このセンサは特殊な構造により、狭小な設置スペースに適しています。90°のビーム経路によって設置深さが小さくなるため、省スペースで設置することができます。このセンサは対費用効果が優れているため、特に量産用途に最適です。

カスタマイズ

マイクロエプシロン社のconfocalDTシリーズは、最高のダイナミクスと精度を提供しています。標準ポートフォリオに加えて、他の固定オプション、フォームファクタの変更あるいはお客様固有のケーブル長さといったセンサのカスタマイズも可能です。confocalDTコントローラを併用すると、測定レートは最大70 kHzに達します。

Micro-Epsilon Japan K.K.
#1003 Facade Building, 1-23-43, Esaka-cho,
Suita-shi, Osaka 564-0063, Japan
Yukihiro.Makinae@micro-epsilon.jp
+81 (0)6 6170 5257
+81 (0)6 6170 5258