可動機械とリフティング技術

クレーンの振動モニタリング

クレーンのような高さのある自立支持構造物は、傾斜センサでモニタリングを行うことで転倒の危険を事前に警告し、事故を防ぐことができます。

ベアリングの磨耗測定

現代の船舶ディーゼル機関では、定期的な間隔でクランク軸受にメンテナンスを実施しなければなりません。ベアリングの磨耗を恒常的にモニタリングするインダクティブセンサ(渦電流ベース)を使用することで、予知保全が可能になります。高温や潤滑剤、圧力といった苛酷な環境化であっても、長期の使用期間に渡りセンサが確実な測定を行います。

油圧シリンダー内の位置検知

最新の油圧シリンダーでは継続的に位置の把握が行われ、油圧シリンダーに直接統合が可能なマイクロエプシロン製インダクティブ変位センサが使用されています。構造が非常に堅固なセンサなので、圧力や油のある環境化でも安定した測定値を得ることができます。

Recommended sensor technology

induSENSOR EDS

刈り取り機の衝突検知

農業機械に取り付けられた加速度センサが刈り取り機構をモニタリングし、衝突を検知します。石に衝突すると加速度センサにより検知された動きが刈り取り機構に伝わり、刈り取り機構が即座に停止するので、損傷を軽減したり防止することができます。

油圧シリンダー内のピストンの位置

油圧シリンダーでのピストンの位置検出は、磁歪またはインダクティブセンサを直接シリンダーの中に統合するのが通常の方法です。もうひとつは mainSENSOR シリーズの磁気誘導センサを使用する方法で、正面に取り付けられたマグネットがその磁場をピストンロッドに伝え、外側に取り付けられたセンサがロッド上に分布している磁場を検知し、線形出力信号に変換します。この信号はピストンの位置に相当します。

Recommended sensor technology

磁気誘導式距離センサ

Sankyo International Corp.
No. 9-14, Nihonbashi-Yokoyamacho,
Chuo-Ku, Tokyo 103-0003 Japan
sales@sankyointernational.co.jp
+81 3 3662 8100
+81 3 3662 8050