プレス時におけるシートメタル送り込みのモニタリング

プレス工場での成形時では、存在検知と精確なシートメタル位置の検知が必須です。そのためレーザー三角測量センサが鋳型の間にあるシートを測定しますが、ここで困難となる課題は、狭小なスペースでオイル霧や振動がある中でも高精度な測定を実現することにあります。測定ギャップが非常に小さいため、レーザーの直径も同様に小さくなければなりません。

Micro-Epsilon Japan K.K.
#1003 Facade Building, 1-23-43, Esaka-cho,
Suita-shi, Osaka 564-0063, Japan
Yukihiro.Makinae@micro-epsilon.jp
+81 (0)6 6170 5257
+81 (0)6 6170 5258