自動車分野におけるテストベンチと製造モニタリング

自動車分野におけるテストベンチと製造モニタリング

製造ラインにおける車体ボディの位置検知

ボディシェルから車ができあがる前に、ボディシェルはその製造過程で完全オートメーションによる処理が施されていく数多くのステーションを通過します。処理ロボットがボディの正確な位置を検知できるように、複数のレーザー三角測量センサがボディへの距離を測定し、位置データをロボット制御に伝達します。

Show details

自動車へのコクピット組み付け用レーザープロファイルスキャナ

自動車産業における完全または半自動化によるコクピットモジュールの組み付けでは、グリッパーツールによる高精度なポジショニングが必須です。レーザースキャナを使用した計測とポジショニングを行うことで、各コクピットモジュールをそれぞれの車体に適合させることができます。マイクロエプシロンのレーザースキャナは測定プローブが非常に小型かつ軽量であり、スマート機能も搭載されているので、このような測定タスクに特に適しており、ロボットやマニピュレーターへの取り付けも簡単に行うことができます。スマート機能を使用すれば、追加のハードウェアコンポーネントが無くてもセンサのパラメータセットアップが ...

Show details

完全オートメーションによる車両ボディと取り付け部品の塗装不良チェック

光沢のある表面を製造する場合は特に、最終製品で洗練された外観が出来上がるように一切欠陥のない生産チェーンが求められます。ボディと取り付け部品に対する完全オートメーションでの欠陥検出には、検査システム ...

Show details

表面の欠陥検知

メーターパネルは外観への高い要求に加え、機能性と安全性への要求も満たさなければなりません。助手席用エアバッグがある領域で生産時にレーザーにより脆弱部を生成することがよくありますが、この脆弱部がレーザーで生成したラインに沿って割れることでエアバッグが安全に開くことができるものの、そのシンクマークは非常に小さい窪みであっても光の具合によってははっきり見えてしまいます。このシンクマークの検知に ...

Show details

テストベンチでの燃焼エンジンの挙動

マイクロエプシロンの渦電流センサは、燃焼エンジンのテストベンチにおいて信頼性が証明されている測定機器です。牽引モードでも燃焼運転モードでもセンサが異なる測定対象を検知するので、エンジン特性の改善に役立てることができます。特にエンジン内といった過酷な環境下でも高い測定精度を発揮するのが、渦電流センサ ...

Show details

プレス時におけるシートメタル送り込みのモニタリング

プレス工場での成形時では、存在検知と精確なシートメタル位置の検知が必須です。そのためレーザー三角測量センサが鋳型の間にあるシートを測定しますが、ここで困難となる課題は、狭小なスペースでオイル霧や振動がある中でも高精度な測定を実現することにあります。測定ギャップが非常に小さいため、レーザーの直径も同様に小さくなければなりません。

Show details

アルミダイカストのギャップ測定

アルミダイカストでは、溶解したアルミニウムが高圧かつ高速で金型内に充填されますが、閉まった金型に高圧がかかり金型が押し離されることにより、砕片やバリが発生する場合があります。圧力による金型の動きを測定するため、渦電流センサが間隔の変化を検知します。非常に堅固なセンサなので、高温や高い周囲圧力下、また汚れた測定ギャップであっても信頼のおける測定を実現しています。

Show details

ブレーキディスクの変形測定(ブレーキディスクにおけるディスク厚偏差、Disc Thickness Variation)

マイクロエプシロンは、ブレーキディスクにおけるディスク厚偏差(Disc Thickness Variation)の非接触検知に特化したcapaNCDT DTV による製品プログラムを開発しました。このブレーキディスクの厚さ測定はテストベンチや路上テスト、またはワークショップで実施され、測定は両面からブレーキディスクの厚さを検知する非接触式静電容量変位センサにより行われます。

Show details

路上テスト ― 負荷下でのブレーキ温度の検知

ブレーキの温度挙動は自動車開発において大きな役割を果たします。特にブレーキシステムの効率性に関する情報は、ブレーキディスクの加熱と冷却にかかる時間でわかります。テストベンチや路上テストにおいて、マイクロエプシロンの非接触式温度センサがブレーキ動作中の温度変化を測定し、パイロメーターの高速応答性とコンパクトなフォームファクタにより、テストベンチでも路上テストでも汎用的な使用方法が可能となっています。

Show details

ロボットベースによるアセンブリでのギャップ測定

最新の生産ラインでは、scanCONTROL シリーズのレーザースキャナにより車両ボディのギャップ寸法の迅速かつ確実な点検が行われています。表面補正機能により、幅広い種類のボディ塗装での測定が可能です。

Show details

車両照明

車両照明の色や強さには、取り付け前や納品前に100%確実と言える点検が必須です。LED のロットにばらつきがあっても、光が均一に分布されることが保証されなければなりません。colorCONTROL ...

Show details

サプライヤーパーツの色点検と仕分け

フロントエプロンの取り付け前に、取り付け部品の色とボディの色が一致しているかどうかマイクロエプシロンのカラーセンサが点検します。すべての塗料をカバーできるように、様々なカラーグループが定義できます。

Show details

エンボス深度のモニタリング

車体フレームへの車体番号の刻印にはエンボスマシンが使用されますが、エンボス深度の偏差は必ず定義された許容範囲内になければなりません。エンボスツールのポジショニングを行う際、マイクロエプシロンのレーザー三角測量センサがエンボスツールと対象物間の距離を捉え、すべての文字が刻印された後はセンサでエンボスのプロファイルを計測するので、どのエンボスも確実に要求された深さで刻印を行われたと保証することができます。

Show details

車体内のシートエッジにおけるインラインでのバリ測定

塗装プロセスにおいて、後の腐食を防止するための継続的かつエラーフリーの腐食保護は不可欠です。バリに塗布された塗料の厚さの測定は非常に困難であるため、製造プロセスの早い段階で、それも腐食保護やその他の塗料を塗布する前に、バリを検知し取り除くことは決定的な利点をもたらします。ランダムによる点検が可能な固定式ソリューションと異なり、マイクロエプシロンは ...

Show details

マルチエアシリンダーでのバルブリフト測定

FIAT/SCHAEFFLER が特許取得済みのマルチエア機構は、カムシャフトを使わずに各バルブを制御するために開発されました。電気油圧式制御を介して完全可変なバルブコントロールが行うことができます。 それによりインテークバルブのストロークや開閉時間が自由にコントロールできるので、燃料消費とCO2排出量が減少するのと同時に出力とトルクが上昇します。 マルチエアパーツのEOL検査では、テストベンチがエンジン内での状況をシミュレートし、マイクロエプシロンの渦電流センサが精確なバルブリフトを測定します。

Show details

パーキングセンサとボディシェル間の色比較

パーキングセンサのような自動車取り付け部品の塗装は個別に行われますが組み立て時においてパーキングセンサとバンパーの色に差があってはならないため、この2色は同一ということになります。マイクロエプシロンのカラーセンサ ...

Show details

自動車内装におけるシームのカラー検知

ある有名なドイツ自動車メーカーの取り付けラインでは、同じ自動車用内装部品を様々なシームカラーの差異をもとに区別しなければなりません。これまでは専門の点検者がシームに視覚的に点検してきましたが、プロセスを自動化し経済的な最適化を図るため、現在ではマイクロエプシロンのカラーセンサが使用されています。

Show details

路上テストでの振動変位測定

走行装置上での自動車点検は、走行安全性を保証するための前提条件です。このような点検では、路上テストにおける高い要求にも耐えられるセンサが欠かせません。例えば振動変位測定を行う場合、ワイヤ変位センサをショックアブソーバーと平行に取り付け、様々な路面特性でデータを記録し、今ある変位信号をもとに微分により振動速度と振動加速度を算出します。

Show details

Sankyo International Corp.
No. 9-14, Nihonbashi-Yokoyamacho,
Chuo-Ku, Tokyo 103-0003 Japan
sales@sankyointernational.co.jp
+81 3 3662 8100
+81 3 3662 8050