インターフェース・算出処理ユニット

インターフェースと計算モジュールは、マイクロイプシロンセンサの応用範囲を拡大します。インターフェースモジュールは、センサー信号をデジタルまたはバス対応のインターフェースに変換するために使用されます。これにより、USB、RS422、Ethernet/IP、Profinet、EtherCATなどのインターフェースを多数のセンサに対応させることができます。また、演算ユニットは、複数のセンサ信号を記録し、互いに演算して出力する。これは、例えば、平面度の測定や厚みの測定などに必要なものであります。

Micro-Epsilon Japan K.K.
#1003 Facade Building, 1-23-43, Esaka-cho,
Suita-shi, Osaka 564-0063, Japan
Yukihiro.Makinae@micro-epsilon.jp
+81 (0)6 6170 5257
+81 (0)6 6170 5258