メインナビに移動 コンテンツに移動 サブナビへ移動

プラスチックプロファイルのカラー測定

プラスチックプロファイルが押し出された直後に、colorSENSOR CFO200がカラーを直接監視します。生産注文に応じて基本色があらかじめセンサ内で学習され、お客様の要件に応じた許容範囲が定義されます。大容量カラーメモリのおかげで、このセンサは不透明な、あるいは(部分的に)透明な、また完全に着色されたプロファイルの色を確実に検査することができます。これによって、プラスチックプロファイルのカラートーンを定義された許容範囲内に収めることができます。カラーセンサの高い測定レートによって、動的な押出プロセスに組み込むことも可能です。