機械製造

スピンドルの縦方向への熱膨張測定

変位測定システムSGS 4701(Spindle Growth System)は、高周波スピンドルでの使用に特化して開発されました。精密工作機械は回転数が高く熱も発生するため、工具を定義された位置に保ち続けられるようにスピンドルの縦方向への熱膨張を補正しなければなりません。この熱と遠心力によるスピンドルの膨張を SGS センサが検知します。測定値は CNC 制御に送られ、位置のずれが補正されます。また SGS 4701 は渦電流の原理に即して機能するので非接触かつ非磨耗性であり、その測定プロセスは熱や埃、油といった妨害因子の影響を受けません。

Recommended sensor technology

eddyNCDT SGS4701

リソグラフィー機械におけるナノメーター精度のポジショニング

ウェーハ上でコンポーネントの1つ1つを露光するには、リソグラフィー機械がウェーハをそれぞれの位置にずらしていかなければなりません。ナノメーター精度のポジショニングを可能にするため、静電容量変位センサが変位を測定します。

心押し台の位置測定

心押し台は旋盤やフライス盤の一部で、旋盤センターを使い長いワークを支持するためのものです。旋盤センターは、ワーク正面に空けられたセンターホールにかみ合わせますが、この旋盤センターの位置を把握するのにマイクロエプシロンの小型ワイヤセンサが使用されます。旋盤センターの延長部に接続された測定ワイヤが、心押し台の変位を測定します。

Recommended sensor technology

測定範囲最大50 mのワイヤセンサ

クランピング位置のモニタリング

高性能な工作機械では、クランピング位置のモニタリングを行うために、スイッチ信号を発するスイッチリングやイニシエーターを使用することがよくありますが、どちらも調節やセットアップに大変手間がかかります。この手間を大幅に軽減できるのが、マイクロエプシロンによる LVP シリーズのアナログセンサです。レリーズ装置に統合されたシリンダー形状のセンサがドローバーのストロークを測定し、この時ドローバー上に接着されたリングがセンサのターゲットとして測定されます。LVP センサのフォームファクタは極めてコンパクトなので、多種多様な工具のタイプで汎用的に使用することができます。工具のクランピング時に、ドローバーのストローク動作に従いセンサがアナログ信号を発するので、わざわざ手間をかけてスイッチングポイントを機械的にセットしなくても、継続的なモニタリングが可能です。この小型化されたセンサエレクトロニクスの取り付け場所は、測定の現場でもスイッチキャビネット内のどちらでもかまいません。LVP センサの特長である卓越した正確性は、工作機械の精度と使用可能性に対し高まり続ける要求を満たすのに最適です。

マガジン内の工具ホルダー測定

現代の工作機械には、様々な工具の入ったマガジンが包括的に備わっています。この工具は機械により自動的に取り出され、工具の取り出し時に位置のずれが生じないためには、工具ホルダーが正確にポジショニングされる必要があります。工具ホルダーの位置点検には optoNCDT 1420 シリーズのレーザーセンサが使用され、このセンサが金属製ホルダーとの距離を上方と側面から測定します。このインテリジェントレーザーセンサには高い測定レートが備わっており、金属製表面の反射が強くても傑出した高精度で測定値を得ることができます。

フライススピンドルの軸方向への膨張補正

フライススピンドルは回転数が高く熱も発生するため、工具を定義された位置に保ち続けられるようにスピンドルの縦方向への熱膨張を補正しなければなりません。この熱と遠心力によるスピンドルの膨張を、マイクロエプシロンが開発した SGS センサが検知します。また縦方向への膨張だけでなく、温度もセンサにより検出されアウトプットされます。

Recommended sensor technology

eddyNCDT SGS4701

医療技術での異物検知

Quelle: Uhlmann Pac-Systeme GmbH & Co. KG
Quelle: Uhlmann Pac-Systeme GmbH & Co. KG

医療技術の用途では、MDS はブリスターマシンでの錠剤包装時に異物検知を行います。コンベヤを移動するブリスターパックの上に位置するロールの動きで、ブリスターと密閉台紙の間に存在する異物を検知し、ロールが定義されたポイントを超過するとアラームが発せられます。

Recommended sensor technology

磁気誘導式距離センサ

食品産業でのバルブリフト測定

Quelle: SIG Combibloc Group AG
Quelle: SIG Combibloc Group AG

飲料パックへの充填時に重要となるのは、常にパックへの注入量をぴったり同じに保つことです。このようなケースではセンサが充填ラインのバルブリフトを検知し、35 mm の測定範囲で複数のスイッチングポイントが測定されます。シリーズ MDS-45-Mxx の厚いステンレス製ハウジングは、食品産業界での使用に理想的です。

Recommended sensor technology

磁気誘導式距離センサ

抄紙機のカレンダーでのウェブエッジ(紙匹端部)検知

カレンダーは紙の製造時に使用され、最終製品での表面の滑らかさを高めます。ロール状態の紙を正しくガイドするには、正確なエッジ測定が欠かせません。これには、ロールのエッジ位置を高い精度で機械の制御に直接伝達するマイクロエプシロン製レーザーラインセンサが使用されています。このエッジ位置を測定することで同時にロールの幅も測定でき、センサがその測定情報を次のトリミングプロセスに送信します。

Exact crusher gap adjustment in rotary crushers

Rotary crushers for quarries or ore mines can grind up to 3500 t of material to the desired grain size in one hour. For this purpose an eccentric bearing bush generates a rotary-oscillating movement of the crusher axle, thereby constantly changing the gap between the crusher jaws and the crushing cone. For grinding the set gap continuously moves along the inside perimeter of the crushing room. With a longdistance sensor in the hydraulic cylinder the crushing gap can be exactly adjusted by raising and lowering the axle.

Sankyo International Corp.
No. 9-14, Nihonbashi-Yokoyamacho,
Chuo-Ku, Tokyo 103-0003 Japan
sales@sankyointernational.co.jp
+81 3 3662 8100
+81 3 3662 8050