エネルギー技術 ― 風力、ジェネレーター、大型モーター

エネルギー技術 ― 風力、ジェネレーター、大型モーター

ソーラーパネルの配置調節

太陽の軌道に合わせてソーラーパネルの配置を調節することでエネルギー収量が増えるため、プラントの効率も上昇します。この配置調節は傾斜センサがパネルを常に正しい軌道上に保つことで実現されます。

Show details

テストベンチでのローター負荷テスト

風力発電プラントのブレードの負荷テスト向けに、風や天候による実際の負荷シミュレーションができるテストベンチが開発されました。機械的な負荷がかかると回転翼の先が最大 ...

Show details

ジェネレーター内のエアギャップ測定

ジェネレーター内でのローターの動作をモニタリングするため、静電容量変位センサがステーターとローター間のエアギャップを測定します。高温下かつ電磁場であってもマイクロエプシロンの静電容量センサは卓越した精度を保証し、予知保全のための連続測定を行うだけでなく、ジェネレーターの据え付け時にもこの測定を役立てることができます。

Show details

エアフラップの開き具合のモニタリング

温度変化に応じたエアフラップの自動開閉を行うことで、空気供給の調節を行います。エアフラップの開き具合はワイヤ変位センサによりモニタリングされます。

Show details

タワーの振動モニタリング

風力発電プラントには、タワーの振動をモニタリングするための加速度センサが取り付けられます。振動が強すぎる場合は、回転によりローターブレードへの風の影響を減少させます。

Show details

ナセルの支持モーメント

支持モーメントのモニタリングを行うため、渦電流変位センサがナセルからタワーへの距離を測定します。それにより変動を早期に検知することができるので、風圧が高すぎる時でも正しいタイミングでプラントをオフにすることができます。

Show details

基礎の動きの測定

複数のレーザー三角測量センサで基礎への距離を測定し、タワーの動きを検知します。測定レートが高いため振動も即座に検知し、センサの数によっては振動挙動について詳細な評価を行うこともできます。タワーの動きが激しい場合は、考えられる損傷を防ぐため回転によりローターブレードへの風の影響を減少させます。

Show details

クラッチディスクの歪み測定

渦電流変位センサはクラッチディスクでの軸方向、放射状または接線上のゆがみを検知します。過酷な使用条件に合わせて設計された堅固なセンサであるだけでなく、フォームファクタもコンパクトなので、狭小な取付けスペースでも統合が可能です。圧力下や高温環境下でも安定した測定結果をもたらします。

Show details

ベアリングでの摩擦熱の温度測定

風力発電プラント内のギアボックスの温度は運転中に継続的に検出され、部品に温度上昇がある時はその部品に予期される問題について知らせます。しきい値を超過した場合に警告を発することもできます。

Show details

シャフトのオイルギャップ測定

予知保全の観点から、オイルギャップ、つまり潤滑剤で満たされているベアリング面とシャフト間の距離を測定する必要があります。マイクロエプシロンの渦電流センサは非常に堅固で、高圧・高温かつ潤滑剤が存在する環境下でも継続的に潤滑剤ギャップについての情報を提供します。

Show details

Sankyo International Corp.
No. 9-14, Nihonbashi-Yokoyamacho,
Chuo-Ku, Tokyo 103-0003 Japan
sales@sankyointernational.co.jp
+81 3 3662 8100
+81 3 3662 8050