圧入したピンの高さ測定(プレスイン技術)

電子部品の製造は、極小サイズでの高精度さだけでなく、最高の品質での高速プロセスを要求するため、この分野ではすでに多くの製造ステップが自動化されています。

例えばイタリアの Automationpro 社は、プリント基板に圧入したピンの高さ(プレスイン技術)をプレス作業後すぐに検査できる装置を開発しましたが、このピンの開口部への圧入が不十分であると後に他のコンポーネントとの接触不良が発生し、故障の原因となりかねません。

そのため、scanCONTROL プロファイルセンサで各プリント基板の 3D スキャンを作成します。圧入プロセスの間、プリント基板はロータリーテーブルに固定され、このテーブルが基板を圧入ステーションからスキャン位置に移動させ、そこで直線アクチュエータがレーザースキャナを一度プリント基板全体を覆うようにして動かします。直線アクチュエータはエンコーダとも接続されているので、スキャナを動作させて
均一なプロファイル距離を保つことができます。

コンポーネントはプロセスのタクトタイムに応じて約7秒以内で全体がスキャンされ、プロファイルごとに 1280 個の点が生成されます。

Micro-Epsilon Japan K.K.
#1003 Facade Building, 1-23-43, Esaka-cho,
Suita-shi, Osaka 564-0063, Japan
Yukihiro.Makinae@micro-epsilon.jp
+81 (0)6 6170 5257
+81 (0)6 6170 5258