マルチエアシリンダーでのバルブリフト測定

FIAT/SCHAEFFLER が特許取得済みのマルチエア機構は、カムシャフトを使わずに各バルブを制御するために開発されました。電気油圧式制御を介して完全可変なバルブコントロールが行うことができます。

それによりインテークバルブのストロークや開閉時間が自由にコントロールできるので、燃料消費とCO2排出量が減少するのと同時に出力とトルクが上昇します。

マルチエアパーツのEOL検査では、テストベンチがエンジン内での状況をシミュレートし、マイクロエプシロンの渦電流センサが精確なバルブリフトを測定します。

Micro-Epsilon Japan K.K.
#1003 Facade Building, 1-23-43, Esaka-cho,
Suita-shi, Osaka 564-0063, Japan
Yukihiro.Makinae@micro-epsilon.jp
+81 (0)6 6170 5257
+81 (0)6 6170 5258