保護ハウジングLLT 26xx/29xx

過酷な環境下や高温状況下でもscanCONTROL Sensorenを使用できるように、そのよう状況に特化した保護・冷却ハウジングが開発されました。

ブローアウト搭載の保護ハウジング

ブローアウト装置搭載の保護ハウジングは、測定範囲が25、50および100 mmのscanCONTROL 26xx/29xxすべてに適合しています。センサを機械的な損傷から保護するので、スキャナを非常に過酷な環境下で使用する場合に最適です。内蔵のブローアウト装置に圧縮エアを供給すると、埃や削りくずといったよごれを直接取り除けるので、清掃の頻度を少なくすることができます。保護プレートが損傷した場合は、簡単かつ安価で交換が可能です。
センサを機械的な損傷から保護するので、スキャナを非常に過酷な環境下で使用する場合に最適です。

ブローアウトと水冷却搭載の保護ハウジング

ブローアウト装置と水冷却装置搭載の保護ハウジングは、測定範囲が25、50および100 mmのscanCONTROL 26xx/29xxすべてに適合しています。機械的損傷からの保護だけでなく、両側のサイドパーツに冷却ループが統合されているので、高温環境下でもセンサを冷却液で保護することができます。センサを極端に低い外気温度下で使用する場合は、温かい媒体を流してセンサを温めることも可能です。ブローアウト機能に圧縮エアを供給すればスキャナの異物を取り除くことができ、必要であれば保護プレートの交換も簡単に行えます。

Micro-Epsilon Japan K.K.
#1003 Facade Building, 1-23-43, Esaka-cho,
Suita-shi, Osaka 564-0063, Japan
Yukihiro.Makinae@micro-epsilon.jp
+81 (0)6 6170 5257
+81 (0)6 6170 5258