Configuration Tools:scanCONTROL 用パラメータ化ソフトウェア

scanCONTROL Configuration Tools により、Windows PC を使用した scanCONTROL センサのコンフィグレーションが可能になります。センサの全設定や、プロファイルの表示、ロード、保存およびエクスポートをソフトウェアで行います。

ソフトウェアを scanCONTROL SMART センサと一緒に使用すれば、その機能性をフルに活用できるので、複雑な測定タスクも、必要となるすべてのインターフェースと一緒に、センサのコントローラ上で直接パラメータ化が可能です。COMPACT または HIGHSPEED モデルの場合や、プロファイルが保存されている場合には、ソフトウェアが評価をシミュレートします。
scanCONTROL Configuration Tools のダウンロード

scanCONTROL プロファイルセンサのセットアップ

どの scanCONTROL センサであっても、多様なパラメータ化や設定ができます。
設定はConfiguration Tools で実行するので、例えばセンサマトリックスの画像に直接アクセスし、最適な基本セットアップを行うことが可能となっています。測定対象物に対するセンサ配置の最適化には、マトリックスのライブ画像を使用します。

プロファイルの表示、保存、ロードおよびエクスポート

センサのモデルに応じて、1つのプロファイルは最大 1280 個のキャリブレーションされた測定ポイントで構成されています。このプロファイルは FireWire または Ethernet でパソコンに転送され、scanCONTROL Configuration Tools がプロファイルの表示と保存をリアルタイムで行います。とりわけ非常に高速なプロセスにおいて、この機能は不可欠です。保存されたデータは、後になってからプロファイルごとの分析にも使用でき、さらなる評価を行う時は、プロファイルを MS Excel と互換性のあるデータフォーマットでエクスポートすることもできます。

測定タスクのためのPlug&Play ソリューション

SMART センサにはインテリジェントコントローラが備わっているので、追加のハードウェアがなくてもプロファイルの評価が可能です。SMART センサのパラメータ化には、ソフトウェア Configuration Tools を使用します。このソフトウェアの基本原理は、測定タスクをエッジや角度、極値、溝またはシームといった個々の部分測定に分割することにあり、この部分測定がグラフイックユーザインターフェース上で複雑な測定タスクに組み合わせられ、算出されます。そうすることで、プログラミングの知識がなくてもそれぞれの測定タスクのための Plug&Play ソリューションが生まれます。

測定タスクのパラメータ化

Configuration Tools は 30 種類の異なる測定プログラムから選択でき、
プロファイルを数回クリックするだけで、素早く簡単にパラメータ化が可能です。設定したパラメータと結果は、すべてその場で画面に表示されます。例えば角度を1つ測定する場合、2本のリファレンスラインが選択され、この2本の間で角度が算出されます。さらに、どの測定プログラムでも、プロファイルの重要な部分領域を切り取ることができ、動的測定では、どのプログラムも事例ごとにアンカーポイントを基準にしてコンフィグレーションする修正をアクティブ化することができます。

測定値の算出

各測定タスクをパラメータ化した後は、個々の結果を組み合わせて算出することができます。例えば複数の角度の算出や、点や直線の間隔の算出、または直線上での点のプロジェクションなどが非常に簡単な方法で行えるので、1つの測定プログラムだけではカバーしきれない測定タスクも、わざわざ時間をかけて自分で計算しなくても実行でき、測定値もリアルタイムで直接センサからアウトプットが可能です。そのため、測定の柔軟性にほとんど限界がないと言えます。

測定値の推移分析プログラム

内蔵の分析ツール「Result Monitor」を使うことで、測定値の推移の表示と分析を行うことができます。この機能は、記録したプロファイルでもライブ作動中のプロファイルでも使用でき、測定システム解析(MSA、Measurement System Analysis)での評価が可能です。これには統合されているcgm解析(capability gauge measurement)や、その他の統計的固有値(限界値超過、平均値など)が使用できます。

これらの値はすべてエクスポートしてアーカイブ化したり、表計算で分析を行えます。

アウトプットと結果

必要なすべてのプログラムコンフィグレーションが終了すると、ソフトウェアが全測定結果の一覧を生成します。複数の条件をチェックするために論理演算(AND、OR、XORによる結合)を実行する複雑なケースでも可能であるため、限界値の定義によってPASS / FAILを判定することもできます。ユーザーは、結果を例えばEthernet UDPやProfinet経由で、あるいはPASS / FAILデジタル信号としてセンサから転送するかを選択し、これらの設定をパラメータセット一式でSMART(あるいはgapCONTROL)センサに保存した後、コンピュータとの接続を再切断することができます。この状態で、コンピュータに接続せずにプロファイルの分析が完全自律的にセンサ内で直接実行されます。

Micro-Epsilon Japan K.K.
#1003 Facade Building, 1-23-43, Esaka-cho,
Suita-shi, Osaka 564-0063, Japan
Yukihiro.Makinae@micro-epsilon.jp
+81 (0)6 6170 5257
+81 (0)6 6170 5258