オートメーション向けのコンパクトなレーザー変位センサ

optoNCDT 1220

optoNCDT 1220 は産業オートメーション向けのエントリーモデルです。小型のレーザー三角測量センサが変位、距離および位置を精確に測定します。対費用効果が非常に高いので、センサが大量に必要となる測定タスクに最適です。機械製造やエレクトロニクス製造といった、オートメーション技術のあらゆ分野で使用することができます。

特徴
  • 測定範囲(mm) 10 | 25 | 50
  • 直線性 10 µm ~
  • 再現性 1 µm ~
  • 測定レート 1 kHz
  • エレクトロニクス内蔵のコンパクトな構造
  • オープンエンドので長さ 2 m のセンサケーブル
  • トリガー入力
  • アナログ出力 / RS422
  • 素早い立ち上げと簡単な操作性

プラグ&プレイ レーザー三角測量式センサ

optoNCDT 1220 は、変位、距離および位置を高精度で捉えることのできる小型構造のレーザー三角測量センサです。optoNCDT 1220 は測定精度が大変高く、測定レートは最大 1 kHz まで設定可能です。自動ターゲット補正(Active-Surface-Compensation、ASC)が、測定対象物の色や明るさに影響されることなく距離信号の安定した制御を行います。

統合も簡単

フォームファクタが非常にコンパクトで、コントローラも内蔵されているため、狭いスペースにも取り付けることができます。optoNCDT 1220 センサは大変軽量なレーザーセンサなので、とりわけ産業用プリンターやロボットグリッパーといった高加速度のアプリケーションに適しています。また、フォームファクタも非常にコンパクトで、測定精度も卓越しているので、大量注文での OEM アプリケーションに最適です。

Micro-Epsilon Japan K.K.
#1003 Facade Building, 1-23-43, Esaka-cho,
Suita-shi, Osaka 564-0063, Japan
Yukihiro.Makinae@micro-epsilon.jp
+81 (0)6 6170 5257
+81 (0)6 6170 5258