長距離測定レーザーセンサ

optoNCDT ILR

optoNCDT ILRシリーズのレーザー距離センサは、非接触での距離測定用に設計されています。小型高速センサは最大距離10 m、レーザー距離センサでは最大距離3000 mの測定が可能です。このセンサは、機械やプラント製造ならびにコンベア技術での位置決めや仕分け、分類に使用されます。

特徴
  • 様々な表面での精密な変位、距離および位置測定
  • 室内でも屋外でも長距離の検知範囲と測定範囲
  • 高い繰返し精度
  • 高速応答性
  • 外部コントローラなしの非常にコンパクトなフォームファクタ
  • 高い対費用効果
  • オープンインターフェース(SSI互換、RS422、RS232、Profibus)

最大距離3,000 mまでの確実な測定

optoNCDT ILRレーザー距離センサはタイムオブフライトの原理を応用しており、0.5 mから最大で3,000 mの距離を検知します。optoNCDT ILRのセンサには、距離や環境条件に応じて使用するリフレクタフィルム無しでオペレーションを行うタイプと、リフレクタフィルムを使ってオペレーションを行うタイプがあります。

室内にも屋外にも最適な小型で堅固なフォームファクタ

レーザー距離センサは過酷な環境下でも確かな測定結果をもたらします。optoNCDT ILRモデルは堅固な構造なので埃や跳ね水から保護されており、屋外での使用には内蔵ヒーター搭載で保護等級がさらに高いモデルもあります。

Applications

Micro-Epsilon Japan K.K.
#1003 Facade Building, 1-23-43, Esaka-cho,
Suita-shi, Osaka 564-0063, Japan
Yukihiro.Makinae@micro-epsilon.jp
+81 (0)6 6170 5257
+81 (0)6 6170 5258