ディスク厚偏差の測定

capaNCDT DTV

capaNCDT DTV シリーズは、ブレーキディスクにおけるディスク厚偏差(Disc Thickness Variation、DTV)の非接触測定向けに設計されており、マルチトラック測定を行う静電容量センサ、または測定に必要なチャネルがすべて揃った携帯用トランクの 2 種類をご用意しております。

capaNCDT DTV 測定システムでは、静電容量変位センサがブレーキでディスクを両面から測定し、その 2 つ値の差から厚さを検出します。回転しているブレーキディスクでは、ディスクを一周して測定し、全体での厚さの偏差を検出することができます。複数のセンサペアまたはマルチチャネルセンサ CSH1,4FL を使用すれば、マルチトラックでの厚さ測定も可能です。この厚さ測定はテストベンチや路上テスト、またはワークショップで実施でき、品質管理や保証クレームへの対応時といった携帯での使用には、DTV 測定トランクが適したように設計されています。

特徴
  • 非接触 DTV 測定
  • マルチトラックでの厚さ測定が可能
  • 最大 20 kHz の動的測定
  • 長寿命でオペレーションできる堅固なセンサ仕様
  • 包括的なソフトウェアパッケージ
  • 測定結果のリアルタイム評価
  • ウェブインターフェースを介した簡単な操作
  • アナログインターフェース、Ethernet、EtherCAT

テストベンチや路上テストのための堅固なマルチチャネルセンサ

革新的なマルチトラックセンサである CSH1,4FL には、1 つのハウジング内に 4 つの静電容量センサが備わっているので、ブレーキディスク上で同時に 4 つのトラックを検知することができます。マイクロエプシロン社は、正確な位置での測定が行えるように、ブレーキディスクの両面で鏡のように向き合った位置に取り付けられるセンサ仕様をご用意しており、この仕様では特殊セラミック基板がセンサを機械的負荷や熱による負荷から保護するので、高い温度安定性が保証され、周囲温度が不安定となる状況でも高精度の測定結果が可能となっています。

4 つのセンサチャネルをコントローラ DT6220 と組み合わせてコンフィグレーションしたり、同時に処理することができ、その高い帯域幅により最大 5 kHz(-3 dB)までの動的測定が可能です。データのアウトプットは、アナログアウトプットによっても、Ethernet/EtherCAT インターフェースを介したデジタルアウトプットでも行え、センサとコントローラはウェブインターフェースを介して素早くかつ簡単にコンフィグレーションできます。

携帯用の測定トランク

この測定トランクには、ケーブルおよびブラケットキットの備わった静電容量センサと、ソフトウェアライセンスを含む 2 チャネルのコントローラが入っており、
ブレーキディスクの厚さ測定を短時間で行うことができます。DTV データは、コンピュータでもノートパソコンでも評価が可能です。コントローラは、マイクロエプシロン社によるブレーキディスクにおけるディスク厚偏差測定(Disc Thickness Variation Measurement)用にアクティベート済みとなっています。特殊機能を使えばブレーキディスクのホールを隠すことができ、インテリジェントアルゴリズムにより、追加のエンコーダを使わなくても多種多様な評価が可能です。

Micro-Epsilon Japan K.K.
#1003 Facade Building, 1-23-43, Esaka-cho,
Suita-shi, Osaka 564-0063, Japan
Yukihiro.Makinae@micro-epsilon.jp
+81 (0)6 6170 5257
+81 (0)6 6170 5258