切断後のエッジ湾曲の検知

フィルムの縦切断後には、湾曲や歪みがしばしば生じます。こういった偏差を確実に検知するために、マイクロエプシロン社のレーザプロファイルセンサが使用されます。レーザスキャナがエッジのフィルムプロファイルを測定し、縦方向プロファイルが突き止められます。極めて高い分解能と鏡面での無感応性によって、センサが安定した測定結果をもたらします。信号の処理と評価はscanCONTROL SMARTセンサ内で直接行われ、外部コントローラへのアクセスは不要です。センサのコンパクトなフォームファクタのおかげで、狭いスペースにも設置することができます。

Micro-Epsilon Japan K.K.
#1003 Facade Building, 1-23-43, Esaka-cho,
Suita-shi, Osaka 564-0063, Japan
Yukihiro.Makinae@micro-epsilon.jp
+81 (0)6 6170 5257
+81 (0)6 6170 5258