電池生産

リチウムイオン電池などのエネルギー貯蔵システムは、モビリティの変化やエネルギー変革に重要な役割を果たしています。電池および蓄電池の生産を最適化するには、高い精度とダイナミクスで生産状況をインライン監視するセンサが必要になります。マイクロエプシロン社では、高精度の距離センサから赤外線温度測定機器や2D/3Dプロファイルセンサにいたるまで、多様な測定タスクでの使用に対応した信頼できるセンサ機器を提供しております。

電極フィルムのウェブエッジ調整

optoCONTROLシリーズの光式マイクロメータは、電極フィルムおよびセパレータフィルムに必要なエッジ位置を検知します。optoCONTROLマイクロメータは測定レートが高いため、動的な生産工程の監視にも適しています。

詳細を表示する

電極被覆の厚み測定

電極被膜の厚みを測定するには、optoNCDTレーザセンサを帯状材料の向かい側に装着します。精確なセンサ位置調整と相まった同期能力により、高い測定精度と同時に高い測定レートも確保されます。

詳細を表示する

エッジへの被覆塗布

厳しい製造公差を守るために、マイクロエプシロン社のレーザスキャナはストリップ端部の被覆プロファイルを確認します。これによって、不規則な被覆とシワが検出されます。最新のインターフェースによって、scanCONTROL SMARTセンサを制御システムに直接組み込むことが可能です。

詳細を表示する

切断後のエッジ湾曲の検知

フィルムの縦切断後には、湾曲や歪みがしばしば生じます。生産工程でこのような偏差を検知するために、マイクロエプシロン社のレーザプロファイルセンサが使用されます。レーザスキャナがエッジのフィルムプロファイルを測定し、縦方向プロファイルを突き止めます。

詳細を表示する

湿潤層の厚み測定

マイクロエプシロン社の共焦点式センサは、湿潤材料の被覆厚みを監視します。分解能が高いため、わずかな偏差を確実に検出することができます。

詳細を表示する

電池セルの位置チェック

電池セルを取り付けた後、マイクロエプシロン社のレーザスキャナが個々のセルの完全性と位置を確認します。そのために、CADデータで校正される3D画像が生成されます。

詳細を表示する

接着ビードとシーラント塗布の点検

scanCONTROLレーザスキャナは、接着ビードの有無と寸法を確認し、ディスペンサーの距離制御を行うことができます。分解能が高いため、微細なビードも確実に検知されます。

詳細を表示する

初回充電時の温度監視

マイクロエプシロン社の熱探知カメラは、充電池の初回充電プロセスを監視します。これによって、温度分布および生じ得る短絡に関する情報が得られます。ホットスポット検出機能が規定温度との偏差を自動的に検知し、出力します。

詳細を表示する

Micro-Epsilon Japan K.K.
#1003 Facade Building, 1-23-43, Esaka-cho,
Suita-shi, Osaka 564-0063, Japan
Yukihiro.Makinae@micro-epsilon.jp
+81 (0)6 6170 5257
+81 (0)6 6170 5258