パイプライン検査のための溶接シーム追跡

パイプラインのメンテナンスでは外側の溶接シームの点検が決定的な判断基準となり、点検の実施には溶接部のプロファイルをチェックするための検査ステーションが使用されます。点検プロセスを自動化するには、点検装置がシームのちょうど上に配置されなければなりません。レーザスキャナが溶接シーム位置を検出し、検出結果を制御へ出力すると、制御が点検装置の再調整を行います。表面が濡れていたり、汚れや腐食の発生といった変化が表面に生じた場合は、レーザースキャナの露光時間が自動的に調整されます。

Micro-Epsilon Japan K.K.
#1003 Facade Building, 1-23-43, Esaka-cho,
Suita-shi, Osaka 564-0063, Japan
info@micro-epsilon.jp
+81 (0)6 6170 5257
+81 (0)6 6170 5258