付加製造でのフォーカスコントロール

金属の選択的溶解といった付加製造プロセスでは、プロセスの速度と品質にとってレーザーフォーカス制御は不可欠です。optoNCDT1900シリーズのレーザーセンサは、粉体表面に対するプリントヘッドの距離を決定し、レーザーフォーカスを制御するために使用されます。高い測定レートと確かな再現性により、合金ごとに影響されない高速かつ確実な距離測定が可能となっています。耐周囲光性が卓越しているため、高出力のレーザーでも信頼性の確かな測定結果を得ることができます。

Micro-Epsilon Japan K.K.
#1003 Facade Building, 1-23-43, Esaka-cho,
Suita-shi, Osaka 564-0063, Japan
info@micro-epsilon.jp
+81 (0)6 6170 5257
+81 (0)6 6170 5258