カラーセンサによる溶接継目の存在確認

部品の溶接を行う際、品質を保証するため溶接シームを自動で点検する必要があります。CFO100シリーズのカラーセンサは部品の回転中に点検を行い、溶接部の継ぎ目を検出します。溶接シームは周囲の材質と色が異なるので、色を介してシームの有無を確実に判定することができます。色の違いを間違いなく識別できるように、マルチティーチ機能が溶接シームの全カラートーンを学習し、溶接シームが存在しない場合はスイッチ信号を出力します。

Micro-Epsilon Japan K.K.
#1003 Facade Building, 1-23-43, Esaka-cho,
Suita-shi, Osaka 564-0063, Japan
info@micro-epsilon.jp
+81 (0)6 6170 5257
+81 (0)6 6170 5258