レーザースキャナによるレーザー溶接時の板金エッジ検出

自動化されたロボット溶接セルでは、長手方向に溶接されたパイプの品質が複数の箇所からモニタリングされますが、シートエッジの長さに沿ってエッジ位置を検知しつつ、シートエッジの互いに最適なアライメントが確保されなければなりません。
マイクロエプシロンのレーザスキャナは複数の測定プログラムをコントローラに内蔵しており、アライメントのモニタリングに使用されています。scanCONTROL SMARTセンサは追加のコントローラーを必要としないため、設置が大幅に簡素化されているだけでなく、スキャナが高い精度を実現しており、狭い場所でも統合が可能です。

Micro-Epsilon Japan K.K.
#1003 Facade Building, 1-23-43, Esaka-cho,
Suita-shi, Osaka 564-0063, Japan
Yukihiro.Makinae@micro-epsilon.jp
+81 (0)6 6170 5257
+81 (0)6 6170 5258