レーザークラッディング中の3D部品スキャン

レーザークラッディングではレーザー光で部品表面を溶かし、粉末状の充填材を送り込んで接合し、新たな層を形成します。レーザー加工の前にscanCONTROLレーザースキャナでコンポーネントを複数の方向からスキャンすることで、レーザースキャナが自由形状だけでなく、形のずれも検出します。scanCONTROLスキャナは材料の反射特性に左右されることなく安定した測定値を提供し、ローデータはソフトウェアに転送され、3Dモデルにマージされ、経路のプランニングに使用されます。その後、溶接ノズルが表面から適切な距離に配置され、算出された経路上をガイドされます。スキャナの高精度さと正確な溶接パスにより、卓越した正確さでレーザークラッディングを行うことができます。

Micro-Epsilon Japan K.K.
#1003 Facade Building, 1-23-43, Esaka-cho,
Suita-shi, Osaka 564-0063, Japan
Yukihiro.Makinae@micro-epsilon.jp
+81 (0)6 6170 5257
+81 (0)6 6170 5258