ベアリングの磨耗測定

現代の船舶ディーゼル機関では、定期的な間隔でクランク軸受にメンテナンスを実施しなければなりません。ベアリングの磨耗を恒常的にモニタリングするインダクティブセンサ(渦電流ベース)を使用することで、予知保全が可能になります。高温や潤滑剤、圧力といった苛酷な環境化であっても、長期の使用期間に渡りセンサが確実な測定を行います。

Micro-Epsilon Japan K.K.
#1003 Facade Building, 1-23-43, Esaka-cho,
Suita-shi, Osaka 564-0063, Japan
Yukihiro.Makinae@micro-epsilon.jp
+81 (0)6 6170 5257
+81 (0)6 6170 5258