油圧シリンダー内のピストンの位置

油圧シリンダーでのピストンの位置検出は、磁歪またはインダクティブセンサを直接シリンダーの中に統合するのが通常の方法です。もうひとつは mainSENSOR シリーズの磁気誘導センサを使用する方法で、正面に取り付けられたマグネットがその磁場をピストンロッドに伝え、外側に取り付けられたセンサがロッド上に分布している磁場を検知し、線形出力信号に変換します。この信号はピストンの位置に相当します。

Micro-Epsilon Japan K.K.
#1003 Facade Building, 1-23-43, Esaka-cho,
Suita-shi, Osaka 564-0063, Japan
Yukihiro.Makinae@micro-epsilon.jp
+81 (0)6 6170 5257
+81 (0)6 6170 5258