パイプの溶接シーム検査

完璧な溶接シームは、漏れの無いパイプを実現するのに不可欠です。そのためスパイラル溶接では、溶接面同士の向きを正しく合わせるのにレーザースキャナ scanCONTROL を使用することで、より信頼できる正確さでの溶接プロセスが可能となります。600 mm という長さの基本測定距離とセンサの保護ハウジングが、ここでは非常に重要な役割を果たします。

Micro-Epsilon Japan K.K.
#1003 Facade Building, 1-23-43, Esaka-cho,
Suita-shi, Osaka 564-0063, Japan
Yukihiro.Makinae@micro-epsilon.jp
+81 (0)6 6170 5257
+81 (0)6 6170 5258