圧延ローラ間のギャップ

金属やプラスチック、またはその他の物質を圧延する際、両ローラー間の間隔ないしはローラーから接触面への間隔は極めて重要な要素です。デリケートなプロセスや、高い物質精度が求められるケースでは、製品を不良品として廃棄せざるをえなくなるのを回避するため、ギャップを継続的に点検し続ける必要があり、それには接触式によるインダクティブ方式や、非接触方式が適しています。接触方式では、センサはローラーガイドの外側に取り付けられ、ギャップの変化がプランジャーに伝達されることで、その位置変化がインダクティブセンサにより検知されます。非接触方式では、ローラーは光学マイクロメーターのレシーバーとトランスミッターの間に位置し、放射されるライトカーテンは部分的にローラーにより遮られ、残りはギャップを通り抜けてレシーバーに届きます。光の量を測定することにより、ギャップの算出が可能となります。

Micro-Epsilon Japan K.K.
#1003 Facade Building, 1-23-43, Esaka-cho,
Suita-shi, Osaka 564-0063, Japan
Yukihiro.Makinae@micro-epsilon.jp
+81 (0)6 6170 5257
+81 (0)6 6170 5258