溶接シームのプロファイル

金属接合では、金属の接合を自動的に行う溶接ロボットが使われることが多くあります。部品が目に見える場合、例えば溶接ビードが残っていてはならないというように、溶接シームの外観は一定の基準を満たしていなければならないため、溶接ヘッドの後にレーザースキャナを取り付けます。このレーザースキャナが溶接シームをすべて測定し、場合によっては溶接ロボットに対し修正を行うように指示を出します。

Micro-Epsilon Japan K.K.
#1003 Facade Building, 1-23-43, Esaka-cho,
Suita-shi, Osaka 564-0063, Japan
Yukihiro.Makinae@micro-epsilon.jp
+81 (0)6 6170 5257
+81 (0)6 6170 5258