金属ストリップ材のトリミング時でのストリップ幅

幅が様々な金属ストリップ材の生産時には、圧延プロセスの後に金属ストリップ材のトリミングが必要となる場合が多くあります。このトリミングに使用するカッターは、電動で走行できなければなりません。目標寸法が守られているかどうかこれまでにように手作業でチェックしなくても済むように、マイクロエプシロンのレーザーセンサによる差異測定で距離を検出します。これは2台の optoNCDT センサで行えます。

Micro-Epsilon Japan K.K.
#1003 Facade Building, 1-23-43, Esaka-cho,
Suita-shi, Osaka 564-0063, Japan
Yukihiro.Makinae@micro-epsilon.jp
+81 (0)6 6170 5257
+81 (0)6 6170 5258