コイルの直径測定

マイクロエプシロンによるoptoNCDT ILR2250-100シリーズのレーザ距離センサは、位相比較法を用いてコイルを測定します。この測定タスクを行うには、コイルから0.2~10mの距離にコイルの半径を捉える形でセンサーを設置し、コイルまでの距離を連続的に測定します。巻き戻し工程ではスチールロールの直径がどんどん小さくなるため、結果としてコイルとセンサとの距離が大きくなるので、センサがこの距離の変化を確実に捉え、測定値としてRS422シリアルインターフェースを介して製造プロセスの制御に送信します。材料が完全に巻き切れる前に、制御システムを介して早めに警告メッセージを出すこともできるようになりました。

Micro-Epsilon Japan K.K.
#1003 Facade Building, 1-23-43, Esaka-cho,
Suita-shi, Osaka 564-0063, Japan
Yukihiro.Makinae@micro-epsilon.jp
+81 (0)6 6170 5257
+81 (0)6 6170 5258