コンピュータトモグラフィ(CT)内での位置測定

最新のCT装置では、最高度の診断精度と経済性を実現するため、装置の高速性と高分解能性がますます大きな役割を担っています。装置がスパイラル、ヘリカルまたはデュアルソースであるかに関係なく、その要求はますます高まるばかりです。これはとりわけ、横たわった位置を水平方向で捉える長さ測定装置にも該当します。マイクロエプシロンのワイヤセンサは、このような用途で最高 0.001% という測定分解能を実現しているだけでなく、最高度の信頼性や長い耐用年数、非常に高い対費用効果を達成しています。

Micro-Epsilon Japan K.K.
#1003 Facade Building, 1-23-43, Esaka-cho,
Suita-shi, Osaka 564-0063, Japan
Yukihiro.Makinae@micro-epsilon.jp
+81 (0)6 6170 5257
+81 (0)6 6170 5258