ベアリングのコンディションモニタリング

ベアリングに予定外の休止期間が生じると、非常に高いコストがかかります。ベアリングの損傷を早期に検知できれば、予定されていた休止期間中にメンテナンス作業を行うことができるので、費用も最小限に抑えられます。この早期検知を確実に行うため、優れたSN比によりベアリングの損傷を検出するマイクロエプシロンの加速度センサが使用されています。この加速度センサは静的加速と動的加速の両方を測定するので、回転数の低い(≤ 0.2 Hz)ベアリングの振動測定にも最適です。また分解能と温度安定性も高いので、オイル・ガス産業や石油化学製品、発電プラント、鉱業分野、鉄鋼・セメント産業、製紙分野での測定タスクでも使用されています。

Micro-Epsilon Japan K.K.
#1003 Facade Building, 1-23-43, Esaka-cho,
Suita-shi, Osaka 564-0063, Japan
Yukihiro.Makinae@micro-epsilon.jp
+81 (0)6 6170 5257
+81 (0)6 6170 5258