カッターディスクのラジアルランナウト測定

高級木材によるベニヤストリップの生産時では、カッターディスクの精度が最終製品の質を決定します。ベニヤストリップには寸法の安定性について高い要求が課され、ストリップの厚さが1 mm を超えてはならず、許容誤差もマイクロメーターレベルです。余計な厚みや細片は原則的に決して発生してはなりません。
品質基準を遵守するため、製造プロセス中に optoNCDT 2300 シリーズの非接触式レーザー三角測量センサでラジアルランナウトを測定し、モニタリングを行います。そのため測定システムに対して要求されるレベルも非常に高く、埃や削りくず、または測定ターゲットとなる表面の光沢に測定精度が影響されてはなりません。カッターディスクの直径は 3200 mm で、24 のカッターが備わっており、回転数は 180~210 rpmです。

Micro-Epsilon Japan K.K.
#1003 Facade Building, 1-23-43, Esaka-cho,
Suita-shi, Osaka 564-0063, Japan
Yukihiro.Makinae@micro-epsilon.jp
+81 (0)6 6170 5257
+81 (0)6 6170 5258