フライススピンドルの軸方向への膨張補正

フライススピンドルは回転数が高く熱も発生するため、工具を定義された位置に保ち続けられるようにスピンドルの縦方向への熱膨張を補正しなければなりません。この熱と遠心力によるスピンドルの膨張を、マイクロエプシロンが開発した SGS センサが検知します。また縦方向への膨張だけでなく、温度もセンサにより検出されアウトプットされます。

View product

eddyNCDT SGS4701

Micro-Epsilon Japan K.K.
#1003 Facade Building, 1-23-43, Esaka-cho,
Suita-shi, Osaka 564-0063, Japan
Yukihiro.Makinae@micro-epsilon.jp
+81 (0)6 6170 5257
+81 (0)6 6170 5258