キッチンフロントの色認識

様々なフロントパーツでの色の均一性を確かなものにするため、colorSENSOR カラーセンサが使用されています。塗装プラントでセンサがキッチンフロントの色を点検し、カラートーンが定義された許容範囲内にあるかどうかカラーセンサが検知するので、目視で認識できないほど小さい色の偏差も識別することが可能です。
colorSENSOR CFO カラーセンサは塗装プラントやロジスティクスの分野で使用されており、塗装業の現場で生産時の状況に起因する色の変動が徐々に発生していないか点検するのに役立っています。colorSENSOR CFO コントローラ内で、許容されるカラーとその許容誤差が一緒になったカラーグループの定義が可能なので、生産単位にとって重要なカラートーンを数多く学習することができます。
また、様々な生産単位が同時に扱われるロジスティクス分野では colorSENSOR CFO が使用されています。家具の場合、異なる時間に異なる場所で異なるパーツを製造するため、カラーの均一性を確実に保証できるようにすべてのパーツを点検しなければなりません。colorSENSOR CFO は同一カラーの識別に使用され、カラーが同一なキッチン部品がひとまとまりに分類される一方、定義された許容限度外にあるキッチン部品は排除されます。

Micro-Epsilon Japan K.K.
#1003 Facade Building, 1-23-43, Esaka-cho,
Suita-shi, Osaka 564-0063, Japan
Yukihiro.Makinae@micro-epsilon.jp
+81 (0)6 6170 5257
+81 (0)6 6170 5258