コックピットとダッシュボードの表面検査

ダッシュボードは、外観に関する高い要件に加えて、機能上および安全関連の要件も満たしていなければなりません。助手席エアバック領域は、目標破断シームとしてエアバッグを安全に開放させるために、レーザを用いて脆弱化されることが多いものです。この目標破断シームによって、特定の照明条件下で認識できる極小のヒケが生じる場合があります。この欠陥を検知するために、surfaceCONTROL検査システムが使用されます。このシステムは、粒状表面および滑らかな表面の表面ばらつきを高速で客観的に判断することができます。

Micro-Epsilon Japan K.K.
#1003 Facade Building, 1-23-43, Esaka-cho,
Suita-shi, Osaka 564-0063, Japan
Yukihiro.Makinae@micro-epsilon.jp
+81 (0)6 6170 5257
+81 (0)6 6170 5258