射出成形プロセスのためのサーモグラフィ

moldCONTROL は射出成形生産での品質の変動を検知するために開発された、サーモグラフィベースのソリューションです。大変コンパクトな産業用熱探知カメラで、射出成形後すぐに部品の熱画像を取得します。ソフトウェアが赤外線画像(実測データ)と保存されている部品のリファレンス(目標データ)を比較し、識別された温度差をもとに良・不良の評価が行われると、ハンドリングシステムへレスポンスが送信されます。

Micro-Epsilon Japan K.K.
#1003 Facade Building, 1-23-43, Esaka-cho,
Suita-shi, Osaka 564-0063, Japan
Yukihiro.Makinae@micro-epsilon.jp
+81 (0)6 6170 5257
+81 (0)6 6170 5258