ケーブルタイ用エンドレスバンドのパラメータ点検

エンドレスバンドの製造では、ケーブルタイバンドの「幅」と「高さ」および「歯ピッチ」を同時に常時点検することが欠かせません。これらの値は、常に良好で確実な結束結果を得るために極めて重要です。
生産の品質と均一性を確保するには、製品の特定パラメータを常時監視することが欠かせません。そのため、HellermannTyton GmbH社はパラメータを点検するために、マイクロエプシロン社のセンサシステムを搭載したISW GmbH社のソリューションに全幅の信頼を寄せています。このソリューションは、2台の光式精密マイクロメータと、押出機背面に装着された1台の三角測量式センサから成る複合センサで構成されています。型式ODC 2520-46の2台のセンサは水平または垂直でそれぞれ位置決めされ、バンドの高さと幅を測定します。

Micro-Epsilon Japan K.K.
#1003 Facade Building, 1-23-43, Esaka-cho,
Suita-shi, Osaka 564-0063, Japan
Yukihiro.Makinae@micro-epsilon.jp
+81 (0)6 6170 5257
+81 (0)6 6170 5258