ワイヤーソーのたわみのモニタリング

ワイヤーソーはインゴットを一度に切断するために使用されます。ワイヤーは摩耗が激しいため、複数の箇所で非接触渦電流センサを用いてワイヤーソーのワイヤーベッドをモニタリングします。これらのセンサはガイドローラ上のワイヤ高さ検出と、ワイヤのたわみ検出を同時に行うので、ワイヤの摩耗を迅速かつ高精度で捉えることができます。堅牢な測定原理により、ダストや汚れの影響を受けにくく、高分解能の測定結果が得られます。

Micro-Epsilon Japan K.K.
#1003 Facade Building, 1-23-43, Esaka-cho,
Suita-shi, Osaka 564-0063, Japan
info@micro-epsilon.jp
+81 (0)6 6170 5257
+81 (0)6 6170 5258