ノングレアコーティングが施されたガラス上での距離測定

ノングレアコーティングのガラスでは、コーティングプロセス中にうねりやねじれのような不均一さが生じていないか、マイクロエプシロン製レーザー光学変位センサが点検しています。複数のトラックでコーティングされたガラス表面の平面性を測定し、特許取得済みの青色レーザー技術を活かして optoNCDT 2300-2DR センサはコーティングが施されたガラス表面でも高い測定精度を実現しています。

Micro-Epsilon Japan K.K.
#1003 Facade Building, 1-23-43, Esaka-cho,
Suita-shi, Osaka 564-0063, Japan
Yukihiro.Makinae@micro-epsilon.jp
+81 (0)6 6170 5257
+81 (0)6 6170 5258