ガラスのエッジ測定

多くのハンドリングプロセスにおいて、ガラス板の正確なポジショニングは必須です。ガラス板のポジショニングは、ガラス板のエッジを検知することにより行われます。マイクロエプシロンのレーザープロファイルセンサは複数の箇所でエッジの位置を測定し、その情報を制御へと伝達します。

Micro-Epsilon Japan K.K.
#1003 Facade Building, 1-23-43, Esaka-cho,
Suita-shi, Osaka 564-0063, Japan
Yukihiro.Makinae@micro-epsilon.jp
+81 (0)6 6170 5257
+81 (0)6 6170 5258